BUSINESS事業内容

事業紹介

ネクサス・プラウド・インベストメントでは、主にマンションの販売、仲介、不動産に関する様々なサービス提供、資産形成、将来設計お客様により良い資産運用を行っていただくための『不動産コンサルティング』やお客様の資産を守る保険事業など充実したアフターサービスをサポートさせて頂きます。

不動産アドバイザリー事業
ファイナンシャルプラン事業
仲介事業
販売代理業
マンション販売仲介事業
  • マンション販売仲介事業当社では、収益マンションであるワンルームマンションを中心に、一環したシステムで開発をおこなっています。賃貸ニーズに関わるあらゆる情報を収集、分析した上で、用地の仕入れから商品のプランニング、開発を行い、収益性の高い商品づくりを目指します。事業価値の安定的継続を一番に考えた真に優れた計画こそが重要なのです。様々な分野で培ってきたノウハウを応用して信頼とご期待にお応え致します。
  • 不動産アドバイザリー事業当お客様に長期的で効果的な資産形成をしていただくために、マンションのコンサルティング営業を行っております。様々なお客様のご要望に応えいくために当社の専門家が、お客様のお悩みや疑問等に対して、柔軟かつ親身に対応させて頂きます。土地の運用やマンションの建築だけでなく、入居後のマンション管理まで含めた、様々な保険業務を完備しています。万が一、お客様のマンション経営で問題が生じた場合は、当社が誠意を持って対応させて頂きます。
  • ファイナンシャルプラン事業様々なお客様のご要望に、それぞれにあったファイナンシャルプランをご提案。一室でのマンション経営をお考えの方、土地の資産活用をお考えの方、それぞれのお客様のニーズに合わせたファイナンシャルプランを提供しております。
  • 販売代理業ネクサス・プラウド・インベストメントでは、他社で開発されたマンションを当社が販売する販売代理システムを取り入れています。他社が事業計画をしている情報を集めることにより、ピンポイントでエリア選定ができます。当然、販売前に再度販売確認し、設計・構造・施工を再度チェック致しております。他社販売への受注発注は1部屋単位で行えますので、販売数のノルマや自社都合の販売ではありません。この考えこそが、販売代理業を行う上で最優先させる基準です。
  • 仲介事業築浅、優良中古の不動産や当社の一定水準をクリアしている不動産取引のあらゆるご要望にお応えします。総合的な不動産業に関わっていると、お客様・取引先から独自の情報を頂くことが多々あります。『中古の物件を息子が探している』『所有する物件を売却したい』といった相談は、規模の大小を問わず感謝しております。ネクサス・プラウド・インベストメントが日頃からつながる、ネットワークを活かした成約事例も決して少なくない事業ですが当社事業の中では、主力事業という位置づけではなくあくまで顧客サービスの一環として行われています。そんな位置づけとなる仲介事業であっても売り手・買い手・当社における「三方良し」を基準としたスタイルは揺らぐことはありません。

セミナー

CONSULTATION個別相談

ご相談のお申し込みはまずはメールで!
自分にあった“不動産投資スタイル”を見つけてみませんか。
不動産投資に関する様々なご質問に、マンツーマンでお答えします。
時間、規模、ご予算等さまざまな投資バリエーションの中から、お客様それぞれの状況にあわせてカスタム提案。

相談する

※東京以外にお住まいの方も「出張相談」に伺いますので、お気軽にお問い合わせください。

あなたの「不動産コンシェルジュ」になります。

お1人様につき約1時間を確保し、マンツーマンでご相談に応じます。
ライフプランのご相談から、不動産をどのように資産として活用していくか等、投資方針や税金対策など多岐にわたる内容に対応させていただきます。
ちょっとした疑問から、具体的な投資相談まで、どうぞお気軽にお問合せください。

マンション経営について

ネクサスグループはユーザー様の資産を輝かせ続ける事を使命に考えています。
ネクサス・プラウド・インベストメントが選び、開発する物件は資産性に優れた都市型コンパクトマンションを提供しております。
こだわりある好立地に加え、グレード・管理・ブランド力を向上させる様日頃から社員教育に取り組んでいます。
また、購入後のアフターフォローとして管理会社を自社で作り、ネクサス・マネジメントがユーザー様の代わりに入居者様の募集から退去後のリフォーム、マンション共有部の管理までトータル的にサポートをさせて頂きます。
この2 つの条件が資産性を高め続ける要因となります。

マンション経営のメリット

マンション経営は他の様々な金融商品に比べ安全性が高いことが特徴です。経営における4 つのメリットをご紹介いたします。

私的年金

マンション経営は月々の負担をかけずに、将来の収入源を形成できます。
現在積み立てている方、なかなか積み立てられない方にも最適です。

(1) 賃料収入をローンに返済に充てられる。
(2) 現物資産なので、インフレになれば賃料収入ならびに物件評価額は連動すると考えられるのでインフレ対策になりうる。
(3) 不動産は国が登記保全する財産なので諸条件がよいものであれば長期安定的に賃料収入をることができます。
(4) 長期的に賃料をとっても、年金原資はマンションそのものなので現金のように原資ゼロになることがありません。
(5) 現オーナー様にもしものことがあっても、ローンのないマンションを家族に残せるので賃料収入が物価に連動する生命保険と年金がわりとなる。

私的年金 イメージ

税金対策

所得税・住民税の節税が可能になります!
所得税法第69 条、損益通算において、マンションを購入し他人に貸した場合

1. 建物の減価償却費
2. ローンの利息
3. 管理費、その他の経費

これらが必要経費として認められます。必要経費が賃料収入より大きくなれば損益通算することにより、所得税・住民税に節税効果が得られます!

税金対策 イメージ

生命保険

ローンを利用してマンションを購入した場合、【団体信用保険】自動的にセットされます。
これにより万が一の場合でもローンは保険でカバーされ残された家族には家賃という安定収入を残すことができます。
また、マンションは売却することもでき、通常の生命保険と同じようにまとまった現金を手にする事もできます。

生命保険 イメージ

銀行対策・インフレ対策

超低金利時代に適合した資産運用として活用されております。
金融危機に伴い、超低金利時代が続いていくと予想されますが、賃料相場は変わらず安定していることから、マンション経営は表面利回り年4 ~ 5% 程度の高い利回りを期待できます。(経費や諸費用などを考慮しない利回りの場合)

超低金利時代に適合した資産運用として活用されております。
インフレが起こると、物価が上昇し、逆にお金の価値が減ってしまいます。不動産はインフレに強く、インフレになれば資産価値や賃料収入にも反映されていきます。